So-net無料ブログ作成
検索選択

★赤★

 道端にさ、



 あんまし見ない光景がさ、



 視界のはじっこにさ、



 チラッとさ、



 入ってきたようにさ、



 思ったわけでさ、



 行き過ぎたんだけどさ、



 わざわざさ、



 面倒だったんだけどもさ、



 引き返したわけなんだわさ。



 んだらさ、



 うんとさ、



 えーっとさ、



 ほいさっさ。









 大阪のてっぺん能勢町のはじっこの上杉にある宝島の山はね、

 キレイよ。

 その宝島の職員のはしくれぱっぱらぱーの、ごんちゃんですよ。

 こん前の出勤時のことさ。



 遅刻ぎりぎりな時間だったんで、ロケットダッシュで宝島まであと1~2分って山道を走ってるとさ、視界のはじっこにさ・・・、



 ↑ いつもは見えないものが、チラッと。

 ん?





 ↑ 何かの錯覚か? 見間違いか? 目がおかしく? ややや・・・、また脳ミソがやられだしたか?

 んん?





 ↑ チューリップだ!





 ↑ なーんでこんなとこにさ、チューリップがね?

 誰かが球根をポイッとしたのか、落としたのか?

 でもさ、この道は毎月1回で宝島がゴミ拾いをしてる道なんだな。

 まだ、かわいく元気に咲いてますよ。







 なんだか、今日いいことありそうでしょ。







 あ、もう夕方やな。



 じゃ、明日にいいことがあるさ。





 ものは考えようさ。





 楽しんでいこーで。









 バイバイ。









            ** 宝島のホームページ **



        ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

        ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

        ☆TEL   072-734-1812








コメント(0) 

☆年に2度のヤツのとき☆

 いっぱーい、いっぱーーい、めいっぱーーーい!



 ヤツがいる。





 黒いねん。

 腹ん中まで黒いヤツやで。

 いや・・・、黒いのは頭だけか。

 ま、わしはおまえなんざ、好きになれないぜ。







 はい、大阪のてっぺん能勢町のはじっこの上杉にある宝島の、クラッカーと安いワインがぶ飲みの、ごんちゃんです。

 宝島、春のシイタケ祭り、開催中ですよ。

 毎日、ビックリするほどによーさん採れますよ。

 顔引きつりながら、せっせと収穫してますー。





 世の中のたいがいの人たちは、美味しく頂くのですよね。



 よね?







 バイバイ。









           ** 宝島のホームページ **



        ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

        ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

        ☆TEL   072-734-1812










コメント(0) 

★パレット★

 絵具やペンキや色鉛筆やクレヨンなんかで、どこかに好き勝手になにかを描くことが小さなころからのごくごく自然なこと。

 ぼくのね。



 いろんな色が見れるこの季節、

 いーね。





 はい、大阪のてっぺん能勢町のはじっこの上杉にある宝島の、ごんちゃんですよ。

 手やジーンズ、ペンキだらけのべちゃべちゃですが、なんだか気が向いたから、部屋に入ってきて、コレを書こうとさ。

 ウフフ・・・。







 宝島の今は、いーっぱいの気持ちのいい色で溢れかえってますよ。





 ↑ 頭を突っ込んで・・・・、顔が粉だらけなるのにね。





 ↑ こないな美人さんでした。

 男前かな?





 

 パレットの上は、たくさんの色でお祭りのようでしたよ。









 バイバイ。









            ** 宝島のホームページ **



        ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

        ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

        ☆TEL   072-734-1812




コメント(0) 

☆化ける石☆

 ずぶずぶと、泥濘にはまっていっているのが、自分たちでもわかっていますよ。





 でも、

 ムムム…、

 やめらんない。





 はい、大阪のてっぺん能勢町のはじっこの上杉にある宝島の、ゴンチャックです。

 今回のお話、宝島にはまたまた無関係よ。

 うちん家で、というよりも、ボクとガキんちょとのふたりで、ずぶりとはまってしまっているのが、鉱石や化石の発掘さ。

 いろんな場所へハンマー持って行きますよ。

 わざわざ博物館へ何度も通い詰めて学芸員さんと仲良くなったりと。

 ↑ 庭には、そこいらにばら撒かれています。





 ↑ こちら、クリーニング待ちの石たちよ。

 こんなのが、家の中のそこいらに・・・、庭にも・・・、車ん中にも・・・。

 ゴロゴロと。





 ↑ アレの方が使いやすいはず!と、新しいハンマーまで次々と・・・。

 ようさんあるのにね。

 ゆくゆくは、学者か? 学芸員か? 発掘者か? 盗掘者か? ただの石好きなオバはんか!?

 いや、そろそろ飽きてしまうか・・・。





 ま、ボクも楽しんでるから、いっか。







 バイバイ。









            ** 宝島のホームページ **



        ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

        ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

        ☆TEL   072-734-1812






コメント(0) 

★おじさんのミカタ★

 自分の周りをクルリと見渡して・・・。



 ムムム・・・。



 わし、ひとりや・・・。





 って思う日が多くなる、おじさん

 特に、家でさ。

 ウフフ・・・。



 ァタシには、まだいっちゃん下のガキんちょがべったり来てくれるわよ。

 ってひとりで思っている、大阪のてっぺん能勢町のはじっこの上杉にある宝島の、ゴンチャロフですよ。







 さてさて、昨日さ、宝島にボクが持ち帰った怪しい箱。





 ・・・中は、なんじゃろかいな?





 ガサガサ・・・、ゴソゴソ・・・。







 ・・・!?







 ♪ ♫ ♬ ♩ ♪ ♫ ~ ・・・。







 ・・・んん!?







 

 ピヨピヨピヨピヨピヨ・・・。

 ピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨ・・・。

 ピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨ・・・。









 ・・・え!?







 ↑ 19匹の新しい宝島のなかまたちです。

 すでに、山にはこの子たちの小屋もしっかりと作られていますので、さてはて、いつ放すかなと。







 ↑ かわいいこの子たちは、すぐに、いつも淋しい想いをしている宝島のおじさん1号・2号のハートをグッと鷲掴み。

 この子たちの虜になっていた、ふたり。

 しっかりと、癒されなさい。

 ウフフ・・・。





 ↑ ま、こんな瞳で見つめられたら、しゃーないか。





 宝島に鶏が放たれるのは、何年ぶりくらいでしょうか?

 10年ほど前には、3~40羽ほどいたんですよ。



 さてはて、どうなっていくのでしょうか。









 バイバイ。









           ** 宝島のホームページ **



        ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

        ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

        ☆TEL   072-734-1812






コメント(0)