So-net無料ブログ作成

☆目が銭に変わる日☆

 月末にお給料なんです。

 うちは。



 はい、本日日中にふたつめのお話。

 ウヒヒ・・・、暇になったのがバレちゃったわね。

 大阪の山奥の奥のほーにある宝島の、ごんちゃっくですよ。





 ↑ 先ほど、メンバーにちーさい施設長から、お給料が渡りました。

 中身を自分で確認する人、見ずにハンコだけ押してる人、いろいろです。





 ↑ こちらは、渡すのを嫌がってるのかな?

 コイツに渡して、大丈夫なのか??? とね。

 ウフフ・・・、渡してもらって大丈夫ですよ。











 ↑ みんな、わかっていてくれてるのかな?

 だと、いいね。



 みんなが、1か月がんばった分が入ってますよ。

 少ないけども、受け取ってくださいな。







 バイバイ。









          ** 宝島のホームページ **




          ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara
          ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp
          ☆TEL   072-734-1812
コメント(0) 

★雨の楽しみのひとつ★



 雨の昼下がり、のんびりな時がゆるりと流れています。

 ワイワイガヤガヤな宝島の中も、なんだか今日は・・・、落ち着いてますよ。



 はい、大阪のてっぺん能勢町のはじっこの上杉のすみっこにある宝島の、首・肩・腰が湿布の商店街みたくなっている、ごんちゃんですよ。

 ちょっと時間が空いたんで、息抜きさ。

 さあ、いきましょう。



 雨の日にはね、ほとんど事務所の席で書類を作ったり、書いたり、ものつくりしたり、居眠りしたり、早弁したり・・・、と。



 そんなボクの真ん前にはホールに面した窓があるわけで。

 そこからいつもいくつもの目が。





 ↑ おいおい、オマエ、やってるのかい? 仕事をさ。 さあ、やれよ。

 ・・・と。





 ↑ オマエ、何してんだ? それは必要なものなのか? ふん、ほんとか?

 ・・・と。





 ↑ おい、遊ぼうぜ。 何?無理だと? 仕事? 何言ってんだ、何にもしてないじゃねーか。

 ・・・と。





 ↑ 見てー! 美味しそうよー! ねえ、あんた暇そうね、作りなさいよ。

 ・・・と。





 ↑ おうおう、オメエさん、いいもん持ってんじゃねーか。 ありがとうよ。

 ・・・と。





 ま、こんな感じで、いろんなメンバーがとっかえひっかえとボクなんかに挨拶に来てくれます。 上の絵のフレーズは、こんなことを言いたいんだろなと、年中病んでるボクが感じ取ったのさ。

 ウフフ・・・。











 ァタシ・・・、

 シゴトモ・・・、

 タマニハ・・・、

 チョット・・・、

 シテルノヨ・・・。

 





 バイバイ。









           ** 宝島のホームページ **




          ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara
          ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp
          ☆TEL   072-734-1812


コメント(0) 

☆888☆

 NO.888。







 宝島をいろんな方に知っていただこうと、2009年の夏に始まった、ココのブログ。

 このお話で、パッパラパーの、888つ目ですよ。

 こんなにも続くもんなんだね。

 さあて、くたばらずにどこまで行けるかな?



 はい、こちら、大阪の山奥の奥のほ~にある宝島の、ごんちゃんですよ。  もう、このお話で倒れます。

 

 変わります。

 いや、変わろうとしています。

 いや、変えます。

 いや、元の本来あるべき形に戻します。

 さあ、動きだしましょう、ほんとに大切なもののために。

 ギラリと光が差すまで、嫌がられないかぎりはしっかりとお付き合いします。

 暖かくなれば、糸の切れた凧ですが。

 ウフフ・・・。

 イヒヒ・・・。

 ねっ。

 海行きたいし。

 あ、ウエットスーツ入らへん。






 ↑ さあ、暖かな日差しもチラホラ、雪もまだまだ、でも、そこまで来てくれてるのがわかるようになってきてるよね。









 ↑ なんか、みんな、山で働く男っていう感じに男前に撮れてんだろ。

 こん前の菌入れと同時にね、新しくキノコ育て場となる山の斜面を整備していますよ。

 あ、ちなみに、ボクもちゃんと作業してますよ。 絵ばっかし撮ってるわけではありませーん。

 ま、ボクを証明してくれる人なんていないけどね。

 ズルズルな斜面に階段を設置してってますよ。

 ま、メンバーの方がしっかりとやってくれてますけどね。

 ま、見とってさ。







 ↑ この日は、月1の宝島周辺のゴミ拾いもしましたよ。

 のんびりと散歩しながらね。

 1か月しか経ってないのに、けっこうな量のゴミが集まるもんです。

 車を運転しながら・歩きながら、そこいらに自分に必要じゃない・必要じゃなくなったものをポイポイと捨てる人、いや、捨てるバカちんは、最低です。

 ウフフ・・・、そーいうこと。

 



 じゃっ。







 バイバイ。









             ** 宝島のホームページ **



          ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

          ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

          ☆TEL   072-734-1812


コメント(0) 

★最後の菌★

 この寒いか暖かいかわかんない冬、宝島では昨日の金曜にさ、今シーズン最後のキノコの菌入れの作業をしましたよ。

 やっかいなやっかいな原木ばかりが残ってます。



 はい、大阪のてっぺん能勢町のはじっこの上杉にある宝島の、親は超えられないもの・比べものにするんではないってのが、自分がおっさんになってやっとこ初めてわかってきた、ごんちゃんですよ。


 ばんわ。





 ↑ A・・・あのねぇ、今日でね、キノコの菌を入れる作業がやっとこ終わるんだって。

     B・・・あーそー。けっこうな数になってんじゃない?

    A・・・そーなのよ、シイタケとナメコばっかしだって。

     B・・・でも、多すぎるわよ、絶対。

    A・・・あのアイツがね、調子に乗って切り過ぎたんじゃないの!?

     B・・・あ、アイツね! アイツならやりおるで。

    A・・・迷惑な話よねー。

     B・・・あ、見とるで、アイツ・・・。 カメラまで向けとるで。 目合わしたらアカンで。 あとで、キュッキュとして打ち込んだろ。





 ↑ この前からけっこうな数をこなしてるキノコの菌打ち、この日で最後です。

 この最後が、かなりのやっかいさ。

 大きすぎる原木ばかり。 山ん中で切って、下まで降ろすのが大変なんで中途半端な中腹で菌打ちします。





 ↑ 切り立ての木、笑ってしまうほどに重いのよ。

 ためしてみ。





 ↑ 宝島のシイタケ、どんこです。

 肉厚でとっても美味しいんだってさ。 ほんとに大好評だぜ。

 らしいぜ・・・。

 シイタケ、美味しいんだって・・・。

 ウフフ・・・。



 ぁたし、大嫌い、シイタケ・・・。





 ↑ わーい!

 今シーズンの菌打ちの作業、終わったよー。

 あ、山ん中まで運ばないと。

 がんばるぞー。







 バイバイ。









              ** 宝島のホームページ **



          ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

          ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

          ☆TEL   072-734-1812




コメント(0) 

☆根気☆

 根気がないとできないことって、たくさんあるね。

 でも、好きなことだったら根気なんて必要ないよ。 好きだからだけで、ずっとできることだってある。

 ボクは根気なんてありゃしない。

 でも、好きなことは、何日かご飯なんて食べなくても、何日か眠らなくっても、何日か人と喋らなくっても、ずっとしてられる。それ以外は遮断できる。

 幼いころから変わらないもの。

 だから、やっかいだと昔も今も見えないところで言われてんだ。

 ウフフ・・・、言うときなさい。

 あ、愚痴か?

 いやいや、昔話さ。

 さあ、やろ。



 はい、大阪のてっぺん能勢町のはじっこの上杉にある宝島の、幼かれしころからAC/DCを崇拝する、女性が多い職場が苦手で嫌いなひとりでモノづくりがしたくてたまんなくなっている、ごんちゃんですよ。


 ばんわ。



 えらく遠くの方から始まったような、わけわかめなスタートですよ。

 あ、やっぱし愚痴か?

 いやいや、愚痴なんかこんなとこで書かれやんだろ。

 いやいや、おぬしならやりかねん。

 って思ってる方もいるかもね。

 アハハ・・・、もう、そろそろ糸も弾けちゃうわよ。 

 糸が切れた凧になろう。

 風任せー。

 さあ、やろ。



 長い長いトンネルが抜けましたよ。

 宝島ではね、野菜の宅配ってのをしてんだけどもさ、契約していただいているご家庭やお店なんかに定期的にお届けにね。

 野菜は、宝島のメンバーや職員が汗水・涙血やらを流して楽しみながら作ってんだよ。

 野菜を届けるときにたまに留守のお宅があんだ。

 そんなとこには、これをお便りなんかと一緒に入れておくんだ。





 ↑ 郵便局のね、振替払込書。

 これにはさ、宝島の口座番号がいるのさ。 お留守だった方が、野菜のお金を添えて郵便局でちょいちょいっとね。

 その宝島の口座番号を毎回書いてくれるメンバーがいますよ。 毎回といっても、数年ごとだけどね。

 でもさ、これ、根気がいる作業さ。

 まず、ボクは無理。 っちゅうか、頭痛くなるな。





 ↑ 1000枚ありますねん。

 この1000枚をマイペースだけども確実に記入していってくれています。

 ボクならば、数分で頭掻きむしり始めてますよ。 でも、このメンバーは何日もの間、鼻歌交じりにコツコツと前へ前へ。

 やるねぇ。





 任せた!









 バイバイ。









               ** 宝島のホームページ **



          ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

          ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

          ☆TEL   072-734-1812






コメント(0) 

★叩き屋★

 この寒い時季、何人かの叩き屋が現れます。





 ↑ 山で伐採した樹木を下して、相性のいいキノコの菌を叩き込んでいきます。

 原木にドリルで穴を開けて、菌の染み込んだ駒を木づちでコンコンと叩き込むのさ。

 宝島にはね、この職人?が3~4人。





 ↑ ほら、よそ見しながらでも、確実に打ち込んでいきますよ。

 プロですな。





 今シーズンは、ナラ枯れがけっこうひどく、伐採数が多くなりそうなんで、この作業も大忙しかな?



 はい、大阪のてっぺん能勢町のはじっこの上杉にある宝島の、明日は昼から山ん中でずっとチェーンソーを振り回してそうな感じな、ごんちゃんでした。







 バイバイ。









             ** 宝島のホームページ **



          ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

          ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

          ☆TEL   072-734-1812


コメント(0) 

☆カシノナガキクイムシ☆


 カシノナガキクイムシ



 コレ、何だ?

 コレ、読むとき、片言になっちゃうね。

 素早く3回言えるか?



 わし、無理だ。





 虫なのだ。



 こやつのせいで、日本全国の山林がかなり痛いめに合っています。

 大阪のすみっこにある宝島の山も・・・。

 ナラやカシなんかの樹木に入ってしまい、菌を培養してさ、その木を枯らしてしまうのさ。

 怖いねぇ。

 ほったらかしにして大きくなったナラやらに寄ってくんだ。 まだまだ小さいのや細いのには入らないんだ。

 宝島の山のナラもさ、すごい勢いでこの虫にやられて、木の周りが木屑だらけになってんだ。





 ↑ 虫が入ったとこはさ薪くらいにしかなんないけども、入ってないとこはね、キノコの原木にしますよ。

 カシノナガキクイムシの菌なんかに負けないように、シイタケの菌を入れちゃいます。





 ↑ 原木にならない他の木はね、薪にしちゃいます。

 あ、山を登るための階段も取り替えていかなくっちゃ。





 ↑ こんなお遊びもね。

 いっぱい輪切りを作って、何をするのでしょーか。





 ↑ 細かい枝はね、窯で燃やして畑に撒く木酢液を作りますよ。

 この不思議なクサイクサイ液体で、野菜を虫たちから守るんです。





 今シーズン、原木に打ち込む菌は、定番のどんこシイタケ・ナメコの他にキクラゲを打ち込みますー。

 勝手なことしたらアカンので、キクラゲはこっそりとちょびっとだけね。

 





 あ・・・。









 バイバイ。









               ** 宝島のホームページ **



          ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

          ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

          ☆TEL   072-734-1812







コメント(0) 

★暖★





 ボクはね、寒がりで暑がりな面倒くさがりで細かくてガラスのハートに毛が生えている、大阪のてっぺん能勢町のはじっこの上杉にある宝島の、ごんちゃんですよ。


 ばんわ。

 土曜日やで。

 土曜日の夜に、こんなんしてんねんで。

 真面目やろ。 

 んなん、誰も思ってないわな。

 さ、いこ。



 こん前の休みにさ、久しぶりぶりに三十三か所参りに出かけたんさ。

 まだ12か所かな?

 のんびりのんびりとマイペースでね。

 奈良の明日香村のお寺に。





 ↑ 本堂からちょっと歩くとさ、暖かそうなのを着られた仏さまが。

 かなり温そうでしょ。





 ↑ こちらの仏さまも、風が入らないからね。





 仏さまも、考えたねぇ。





 

 宝島に、関係ないね。

 

 イヒヒ・・・、いーやん。







 バイバイ。









              ** 宝島のホームページ **



          ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

          ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

          ☆TEL   072-734-1812
コメント(0)