So-net無料ブログ作成
検索選択

☆新しいかまどにボロボロの臼と杵が笑う☆



 最後の手前の仕事の準備に追われる数日が流れる山奥のある、ちょっと変わった社会福祉法人

 ウフフ・・・。  



 はい、大阪のてっぺん能勢町のはじっこの上杉にある宝島の、最後の悪あがきだと・・・チリチリパーマがあてたく髪の毛を伸ばしてんだけども、気を失ったときには短く切ってしまってる、ごんちゃんですよ。





 ↑ ん? 宝島のかまど、こないにしっかりしとったか?





 ↑ ジャーン! 本日より、かまどが新品ピンになりましたよ。

 年代物のも味があったんですがね、もうほんとにボッコボコのボロンチョだったんでね。

 ・・・このおばちゃん、派手やな。

 年末だしね。



 年末・・・?





 んん?





 あ、宝島の年末といえば・・・、





 そう、





 ↑ そうなんさ、明日はおもちつきですよ。

 あさってが野菜の宅配の最終便です。 おもちを注文していただいている方もたくさん。

 毎年、楽しみにしていただいてることだと思います。





 ↑ もちつき、ウキウキだぜ。





 ↑ 今年は、こんだけ、ペッタンペッタンとつきますよ。

 ブレブレやな。





 ↑ エビもちの板が、4.5臼。





 ↑ ヨモギもちの板が、2臼。

 ヨモギはさ、春にみんなが宝島の畑のあちこちで採ったやつだど。





 ↑ ヨモギの丸が、3~4臼。





 ↑ 白の板が、3臼。





 ↑ 白の丸が、10臼。

 この他に、メンバーや手伝いに来ていただいた方や職員らが食べたりする分で、4~5臼。

 30臼いかんくらい。

 がんばって、日ごろのお腹に溜まった鬱憤を吐き出して、叩きに叩こうでー!!!

 ウフフ・・・。







 明日は、宝島の野菜便の最終です。

 野菜便でお世話になったご家庭やお店のみなさん、1年間、宝島の野菜たちをかわいがっていただき、ありがとうございました。 道の駅などの顔の見えないお客さんに買っていただくのもありがたいんですが、直接手渡しで野菜をお渡しできる宅配を契約していただいてる方々、楽しい話・嬉しい話・厳しい話・耳が痛い話なんかたくさんできる関係を作っていただいてます。 なんだか、嬉しいです。 今年も、もうちょい頑張ります!





 ↑ 遅れたクリスマスプレゼント。

 38年ぶりのクリスマスと満月。









 バイバイ。









          ** 宝島のホームページ **



       ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

       ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

       ☆TEL   072-734-1812


コメント(0) 

★サークル★

 親が子どもにしておじいやおばあがかわいい孫にして、子が大きくなって親やおじいやおばあや子にして、その子が大きくなってその親やそのおじいやおばあやその子にして・・・、ずーっと続いてくね。

 考えると目が回ってくるけれども、当たり前のことなんだけれども、なんだか笑みがこぼれます。



 はい、大阪のてっぺん能勢町のはじっこの上杉にある宝島の、大掃除しているふたりから、「ごんちゃんも、遊んでんと掃除しなさいよー!」と叱られ続けている、ごんちゃんです。






 ↑ こん前にね、メンバーのみんなが家のお父さんやお母さんや兄弟やおじいやおばあやいとこの子なんかに、お年玉を用意しましたよ。 ま、メンバーみんなよりも、もらう側のほうがはるかに稼いでるんだけどね。 でもさ、気持ちだよね。 気持ちにゆとりのある人って、ステキだね。

 字が書ける人は自分で、書けない人は職員が手を添えてね。





 ↑ 間違いもいっぱいあるけれども、みんな気持ちはクリアで一生懸命に書きましたよ。

 ボクなんかさ、用意してるとき、ブツブツとなんやかんや文句いいながら、お金入れるときには惜しくておしくてさ・・・。

 ウフフ・・・。





 ↑ さあさ、お母さんへの感謝の気持ちだよ、書いて書いてっ。





 ↑ んんー・・・、んんんーっと。





 ↑ あ、やっとこ書き始めよった。





 ↑ おまえ、いつまで撮ってんだ? おれは今から書くんだぞ、見るんじゃあねえ。





 ↑ あっち行けよぉ。



 ってか? もー、照れちゃってー。

 

 ウフフ・・・、あたしの勝手な妄想です、コメントは気にしないでくださいな。 





 ↑ お母さんと妹に手紙を添えるメンバーもいますよ。

 絵だけじゃ、すごくいい光景なんだけどもね。 事情をしっているものからすると、ほんとになんふだか寂しく悲しくなっちゃうことだってたくさんあるのさ。 こんなボクでさえそう思っちゃうことだってね。

 ま、ま、ま、ね。



 

 宝島のお正月のお休み、もうちょいです。 

 メンバーも職員もたのしみにしていますよ。 青ざめているのは、やかましい夫・父が毎日家にいることになる、うちの家族くらいですかねー。







 バイバイ。









            ** 宝島のホームページ **



       ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

       ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

       ☆TEL   072-734-1812

 
コメント(0) 

☆4本でもニンジン☆





 畑のにんじん畑の只今の入居人参、

 西洋人参の・・・、オレンジと黄色。

 金時人参の・・・、紅とムラサキ。



 ?



 ウフフ・・・、キレイだろ。



 はい、大阪のてっぺん能勢町のはじっこの上杉にある宝島の、にんじんは生でかじって食べるのがいちばんな、ごんちゃんです。

 宝島ではね、今シーズン4種類のニンジンを育ててますよ。





 ↑ 抜きたては、んな感じさ。

 今シーズンのニンジンたちは、みんないいサイズさ。

 宅配を取ってくださっているご家庭・お店のみなさん、道の駅でご購入していただいてるみなさん、お待たせいたしました。舌で楽しんで、目でも楽しんでくださいな。



 あ、赤い辛味大根も、よろしくと。













 バイバイ。  









           ** 宝島のホームページ **



       ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

       ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

       ☆TEL   072-734-1812
コメント(0) 

★開拓者★

 新しい地をもとめて、腕1本で開いていくんだ。

 どんな困難が待ち受けていようとも、ボクは負けない。  







 ・・・あたしは、そんな困難は回避しますよ。

 はい、大阪の山奥の奥のほ~にある宝島の、家のクリスマスイベントをどうにかおもしろいサプライズにしようと悩みに悩んで、息詰まってしまってる、ごんちゃんですよ。




 この前ね、畑の横の水路の溝上げをしているとね、ずっとそばで見ていたメンバーがね、自分で鍬を持ってきて、ザクザクと・・・。





 ↑ 未開の地をひとりの男が切り開いて・・・。

 

 畑やん。



 でもね、端から端までず~っとボコボコな畝をフラット気味にしていってくれていましたよ。





 ↑ 何を思ってなぜにやり始めたのかはわかりませんが、ボクなんかには言えないような理由があってのことなんでしょうねぇ。

 そうそう、男は口には出せないようなことがいっぱいあるんだ。

 うん、わかるわかる。

 お互いに、ガンバっていこうぜー。



 

 ???









 バイバイ。









           ** 宝島のホームページ **



       ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

       ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

       ☆TEL   072-734-1812


コメント(0) 

☆冬☆

 寒いような、暖かいような、なんだかわかんない、冬が始まっています。

 ?

 始まってるやんな?





 ↑ 今にも雪が舞ってきそうな、お空。

 でもな、このお空の後、ええ天気になってん。

 ウフフ・・・。





 ↑ そこいらじゅうが、落ち葉でいっぱいですよ。

 だって、山ん中やもんなあ。

 あ、誰か、笑ってる。



 はい、大阪の山奥の奥のほ~にある宝島の、冬はかなり苦手だけども、雪が降りしきる中、海面にも雪が積もりそうになってるときに、海から上がって、着替えて、凍えたあしをモミモミとして、感覚が戻ってきた瞬間、はぁ―、ボク生きてるんだなぁと感動する、ごんちゃんですよ。



 こんなお天気ででも、宝島メンバー、ウフフと笑顔で野菜つくりしてます。







 バイバイ。









          ** 宝島のホームページ **



       ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

       ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

       ☆TEL   072-734-1812


コメント(0) 

★State of Texas★

 Lone Star State っていうのが、州の愛称なんだってさ。

 アメリカのテキサス州のことです。  



 はい、こちら、大阪のてっぺん能勢町のはじっこの上杉にある宝島の、アメリカかぶれだった、ごんちゃんです。

 こんばば。

 今回のお話、始まりは宝島らしくないね。



 宝島でね、畑や山の仕事のちょいっとヒマんなったときにさ、メンバー・職員みんなでさ、周辺の道路沿いをさ、散歩がてらにゴミ拾いをしてんだ。 けっこうなゴミが毎回集まるんだ。  持ち帰ったゴミを分け分け分別して・・・、各ゴミの日に出して・・・、って。 けっこう手間がかかってさ・・・。



 でもね・・・。





 ↑ この前さ、府からアドプト・ロードの認定を受けましたよ。

 掃除は今まで通りに宝島がするんですが、集まったゴミの後始末やらを町や府がしてくれます。

 なんと、まあ、すばらしい! いっちゃんやっかいだったことをしていただけるんですよ。 ウフフ・・・。



 あ、アドプト・ロードってのはね(府のページからよ。)、

 ★アドプト・ロード・プログラムとは、私たちが身近に利用する道路を自分たちの子供のように育てていくというコンセプトのもと、市民グループや企業等の方々の賛同を得て、道路の一定区間の清掃や緑化などの美化活動を継続的に実施していただくもので、道路管理者(各土木事務所)、参加される団体、および地元市町村の三者で、参加団体の美化活動の内容や、道路管理者・市町村の協力・分担内容などを定めて協定を結ぶものです。



 んで、アドプト・ロードの起源ってのが(これも府からよ。)、

 ★アドプト・ロード・プログラムの原型は、米国のアドプト・ア・ハイウェイ・プログラムです。このプログラムは1985年頃、米国のテキサス州交通局(Department
of Transportation)により始められました。当時、州ハイウェイの散乱ごみの清掃を行っていた州の交通局が、毎年15%から20%の割合で増え続ける清掃費用に困り、市民に協力を呼びかけたところ、市民グループや企業からの賛同を得て活動が始まりました。

 アメリカで市民たちが道路を我が子のように面倒を見ているこの制度をヒントに、住民とのパートナーシップによる「公共施設の美化」の新たな取り組み「アドプト・ロード・プログラム」が1998年から日本でも香川県の善通寺市などで導入されました。大阪府においても2000年8月より、「地域に愛される美しい道路づくり」「住民と行政との新たなパートナーシップの構築」を目指し、「大阪府アドプト・ロード・プログラム」を開始しました。



 だって。

 ま、宝島は、今まで通りにいきましょ~。

 あ、みんな、ゴミ、そこいらにポイしたら、メ!やで。

 ほんまに。







 バイバイ。









           ** 宝島のホームページ **



       ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

       ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

       ☆TEL   072-734-1812


コメント(0) 

☆白いダイコンと黄色いニンジンと赤いカブと雲いっぱいの青空とウソのない笑顔☆

 いやぁ、だんだんと寒くなってきたねぇ。

 冬は秋でも春でもなく、やっぱし、冬は冬だねぇ。



 はい、大阪のてっぺん能勢町のはじっこの上杉にある宝島の、ギョウザとレバニラ炒めとビールでお腹いっぱいになったんで、町内のイルミネーションをぶらぶらと見て回った、ごんちゃんですよ。 んだら、おっちゃんらに捕まって、よけいに酒食らってもた。


 目、見えやん。



 さあ、見えん目をこすりながらのお話さ。

 こん前の金曜日の宅配ん話題。





 ↑ 只今、めちゃキレイで美味しそうな、辛味大根さ。

 これが、美味いんだなぁー。

 何年か前にはこんなんにも大きくはなっかたんだけどもさ、年々サイズが増してきているような。

 野菜の箱詰め娘です。





 ↑ 土から引っこ抜いたニンジン、キレイに沢の水で洗ってくれていますよ。

 めちゃ真剣。

 何度声を掛けても、黙々と。





 ↑ 今年はね、かなり立派な赤カブができていますよ。

 ジャンバー、洗ってあげないといけないね。





 ↑ 見て、このキレイな赤色!

 惚れてまうなぁ。





 ↑ 仕事をしていないわけではありませんよ。

 収穫した野菜がいっぱいに入ったカゴを作業所まで持って上がってきてくれた帰りですよ。

 また畑へ戻って運んでくれますよ。





 ↑ こちらも、仕事をしていないわけではありませんよ。

 今から、お茶やでー!と畑にいるみんなを呼びに行ってくれるとっこですよ。







 ↑ 寒さが厳しくならんうちにね、防寒対策を。

 うち、ハウスなんかないもんでね。

 これ、立派なビニールハウスやん!





 ↑ いやぁ~、みなさん、楽しんでいただけましたか?





 ↑ では、さいなら。







 バイバイ。









           ** 宝島のホームページ **



       ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

       ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

       ☆TEL   072-734-1812


コメント(0) 

★花嫁修業2★

 黄色く黄色く熟し過ぎたスダチが、たくさん。



 あとは、落ちてくだけだな。





 あ、ポン酢にしよう!



 てな具合でさ、家でポン酢つくりをすることに。

 ・・・でもな、ポン酢、作ったことないねん。

 ウフフ・・・。





 ↑ 熟々なスダチを搾ってくれるのは、花嫁修業中?のいっちゃん下のガキんちょです。

 言うたら、しやな気がすまんのだ、こやつ。





 ↑ 「ムムム・・・、ごんちゃん、硬い・・・、手痛くなってきたわ・・・。」 と。

 約6~70個のスダチの半分くらいは文句ダラダラで搾ってくれましたよ。

 ありがとさん。





 ↑ 果汁と醤油を混ぜ混ぜ、昆布とカツオ節をバッサバサと大量投入。

 2日間待ってさ、みりんで整え・・・。

 なんだか、いろんな作り方があったんだけどもさ、イチバン簡単そうなのをマネっ子してみましたよ。

 

 あのね、なかなかなお味ですよ。

 いやいや、ほんとさ。

 1か月ほどほったらかしにして熟成させるとさ、まろやかになるんだってさ。

 楽しみだぜ。





 はい、大阪の山奥の奥のほ~にある宝島の、な~んでもいっぺんは自分で作ってみないと気がすまない、ごんちゃんでした。 あ、ガキんちょのややこしい性格は、わし譲りか・・・?







 バイバイ。









            ** 宝島のホームページ **



       ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

       ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

       ☆TEL   072-734-1812


コメント(0) 

☆花嫁修業☆

 何っ!?





 花嫁修業だと???







 チッ・・・。

 ちょっと呑んでくるぞ!



 ってなるわな、絶対。

 はい、大阪の山奥の奥のほ~にある宝島の、む・む・む・・・・娘を嫁にやるって本当なのか!?って今から頭が痛い、ごんちゃんですよ。

 ばんわ。

 今回のお話、宝島にかすってもないねん。





 ↑ なんだかいいサイズな、コロッコロな里芋さ。

 実はね、この芋は、宝島のではなく、うちん家の畑で育ったんさ。

 掘るのはボクがしてさ、ばらしたり・掃除なんかは、なんでもイッチョカミな、いっちゃん下のガキんちょが手伝ってくれましたよ。





 ↑ これ、ばらしてます。

 なんで、下が出るねん・・・。

 最近、彼女の手のサイズに合ったこの軍手をはめて作業をするってのが、この子の中では流行りまくってますよ。





 これ、芋についているヒゲ・根っこをちぎっていってくれています。

 自分で何もかもしたがりの彼女は、ボクにはさせてくれません。

 でも、疲れたら、「早く手伝ってよー!」って、怒りますよ。

 ・・・?



 5株ほどでしたが、スーパーの袋に溢れるくらいは出てきましたよ。

 上出来だね。

 

 あ、お手伝い、あいがとうね。







 バイバイ。









           ** 宝島のホームページ **



       ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

       ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

       ☆TEL   072-734-1812




コメント(0)