So-net無料ブログ作成

☆いぶし銀とガキんちょとの世代交代はそろそろか?☆

 おもちは、やっぱり杵と臼で、ぺったん!ぺったんこ!とついたのが、美味しいよ。

 ほんとに。





 はい、こんばば。

 大阪の山奥の奥のほ~にある宝島の、昼前に奥さんに散髪をしてもらってサッパリな、ごんちゃんです。



 さあさあ、おとといの宝島の今年最後のイベント、おもちつきの絵をね、ズラッといくべ。





 ↑ さあ、準備満タン!

 んんん、奥にノリノリのおばちゃん・・・。





 ↑ スタート!

 今回のおもちつきはね、今まででイチバンの発注数?

 発注?

 そう、このイベントのおもちは、次の日にある宅配でお届けするおもちなのさ。

 宝島は、月に4回、契約していただいているご家庭やお店に、宝島で作った野菜を宅配しています。 その宅配の1年の締めくくりとして、12月30日にお正月便として野菜やおもちをお届けしてるのさ。





 ↑ 発注数だけで、23臼・約94kg。

 その94kgにプラスして、このイベントに参加してもらってる人たちが食べる分。

 宝島の蒸篭で蒸せるのが、もち米2.8kg。 この蒸されたもち米が4.3kgのおもちになるのさ。

 今回、合計100kgほどのもち米を準備しましたよ。

 何キロのおもちができるかな?





 ↑ 叩きはじめる前に、コネコネと。

 仲のいいふたりです。







 ↑ もち米を計って、蒸篭へ。

 毎年、このメンバーのお父さんがしてくれています。

 この作業、もう、誰にも譲りませんよ。

 頑固職人です。



 



 ↑ 上手な人に見えますよ。

 ウフフ。







 ↑ 上手な人たちです。

 ぁたしたちとは、格が違いすぎるほどです。

 このふたりがついたおもちが届いたお宅は、当たりですよ。





 ↑板もちは、できたてをちぎって箱に入れていきますよ。

 ちぎっている人が適当なんで、おもちの量も・・・。

 







 ↑ 丸もちは、作業所の廊下を使って、数十年前?数百年前??の美女たちが丸めてくれますよ。

 もち切り機を必死で回してくれるのが、若手の筆頭格の男前です。

 ・・・ボクの次の男前。

 ・・・と言いたいねぇ。















 ↑ いぶし銀の方々の一部。

 まだまだ、この人たちの時代が続きそうな・・・、みんな、元気満タンですよ。









 ↑ 来てくれたガキんちょたち、今は走り回ってばかりですが、じきにボクたち大人たちは追い抜かれていきます。

 カチンってくるけども、楽しみでしょうがないよね。





 もちつき中、ボクは最後の宅配の支度で手いっぱい。

 なかなか写真を撮るっていうのが難しいんです。

 ほんとは、もっといっぱい撮りたいんだけどもね。



 

 今年のおもちつきも、たくさんの方々の方々に手伝っていただき、無事に終えることができました。

 翌日(昨日)の今年最後の宝島の宅配も、バッチシ完了しました。

 



 今年1年、宝島をいろんな方向から助けていただいた方々、メンバーのみんな、保護者のみなさん、職員のみなさん、このお話を読んでいただいている方々、



 ありがとう!







 ↑ おもちつきの後、事務所では酔っ払いと遊び疲れが、ぐっすりです。





 ↑ ある職員とこの長男です。

 この子も、ボクたちを追い抜いていくガキんちょたちのうちのひとりだねぇ。

 メンバーを送迎している親父を待っている間に、眠っちゃいました。







 バイバイ。







 

           ** 宝島のホームページ **



       ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

       ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

       ☆TEL   072-734-1812












コメント(0) 

★終わりの支度★

 仕舞いの準備は、のんびりと。





 ↑ おとといの宝島今年最後のイベントの支度。

 朝一の絵です。

 薪で火を焚き、最初につくおもちのもち米を蒸かしてます。





 ↑ おっさんの笑顔・・・。

 ウフフ・・・、いらぬか。





 さあ、これから、おもちつきの絵をね、ドド~ンとね。







 バイバイ。







 あ、大阪の山奥の奥のほ~にある宝島の、年賀状つくりにてんてこ舞いな、ごんちゃんでした。













          ** 宝島のホームページ **



       ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

       ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

       ☆TEL   072-734-1818






コメント(0) 

☆Welcome To The Treasure Island☆

 明日は、12月の29日ですよ。





 ↑ 「 やあ、やあ、やあ。

 今晩のお話のナビゲーターの黄スリッパ―です。 」

 「 明日は、12月29日。

 大阪の山奥の奥のほ~にある宝島のイベントのひとつ、おもちつきが開催されますのよ。

 今回のおもちつき、過去最高のおもちの発注数がきています。 」

 「 明後日の野菜の宅配の正月便で注文されたおもち、明日の早くから全部、ぺったんこ!ぺったんこ!と杵と臼で。

 職員のみんな、がんばりなさい。

 ウフフ・・・。 」

 





 ↑ 準備準備。







 Welcome To The 宝島。









 バイバイ。











          ** 宝島のホームページ **



       ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

       ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

       ☆TEL   072-734-1812




コメント(0) 

★X-day2★

 うちん家へ、サンタクローズのおじさんはプレゼントを持って、23日の朝に来てくれました。

 24日は平日だからね。

 ちょっと早く来てとお願いしておきました。



 はい、今晩ふたつめのお話です。

 大阪の山奥の奥のほ~にある宝島の、サンタクローズにやきもちを焼く、ごんちゃんですよ。



 先ほどは、宝島のクリスマスケーキのお話。

 今回はね、うちん家のクリスマスケーキのお話さ。





 ↑ うちん家では毎年、手作りのクリスマスケーキです。

 手作りといっても、粉を計って・こねて・なんやかんや混ぜて・焼いて・・・やらやなしに。

 土台になるものを買って、みんなでワイワイガヤガヤと、その周りや上に好き放題・やりたい放題に装飾していきます。

 食べにくいけども・失敗もあるけども、楽しいですよ。

 口の中に美味しさが広がるのもいいですが、心の中に家族の輪が広がっていきます。



 ・・・うまい!



 輪・・・よりも、和のほうか???







 バイバイ。









          ** 宝島のホームページ **



       ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

       ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

       ☆TEL   072-734-1812








コメント(0) 

☆X-day☆

 サンタのおじさんが通って下りてくるという煙突が、宝島にはあります。



 2か所あるんだ。



 あ、1か所は塞がってるや・・・。



 あ、煙突といっても・・・、



 12センチほどの直径か。



 誰も通れないな。



 扉を開けておこう。







 あ、もう26日になったね。



 ウフフ。







 はい、こんばば。

 大阪のてっぺん能勢町のはじっこの上杉のすみっこにある宝島の猛獣使いにも憧れたことがある、ごんちゃんですよ。

 昨日の24日・クリスマスイヴ、どこからともなくケーキがいくつも届きましたよ。

 サンタさんからのプレゼントですかね?





 ↑ いっつもはね日中の休憩時間のときにお茶と一緒に食べているんですけども、この日はねケアホームで夕飯のデザートとしていただきましたよっ。

 ちょいっと見にくいかいな?

 今回の絵はいただいたもんなんで、文句言えません~。





 ↑ お盆、ギッシリですな。

 うちん家の夕飯なんかよりも、はるかにボリューム満チンですね。





 プレゼントしていただいたサンタさん、ありがとうございました。

 







 バイバイ。











          ** 宝島のホームページ **



       ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

       ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

       ☆TEL   072-734-1812







 
コメント(0) 

★あなたの色に染めて・・・★

 ・・・ぁたし、



 ぁたしの色・・・、







 ぁたし・・・、色持ってるの。



 白!





 ↑ おとといの金曜日はね、野菜の宅配の日。

 ほんとのこと書くとね・・・、



 お外に出たくなかったよ。

 出て、凍った野菜を収穫するなんて・・・。

 考えたくもなかったわ・・・。



 はい、大阪のてっぺん能勢町のはじっこの上杉のすみっこにある宝島の、寒いとこにいて手足の感覚がなくなってくるのが快感に感じる、ごんちゃんですよ。

 ちわ。





 ↑ 前の日の木曜日よりかは雪が少ない畑さ。

 でもね、畑の野菜たちはね・・・、







 ↑ キャベツも水菜も、パッキンパッキンさ。





 ↑ 解凍。





 ↑ ちべたいちべたいお水の中で、野菜を洗っていきますよ。

 ウフフ・・・、快感。





 ↑ 青ネギか赤ネギかのお掃除中。

 隣のメンバーは、カチンコチンに凍ってますね。





 ↑ キレイに洗い終わったネギを作業場まで運んでくれてま。





 ↑ さて、問題。

 このメンバー、何の野菜を運んでんでしょ~か?

 チッ・・・チッ・・・チッ・・・チッ・・・、

 答えは・・・、



 見えないから、わかんない!





 ↑ 野菜の宅配の帰りの夕方、街中ではね、久しぶりにおもしろい空が見えました。

 ま、またこのまんま寒い山奥へ帰ってくんですけどね。







 バイバイ。









           ** 宝島のホームページ **



       ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

       ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

       ☆TEL   072-734-1812








コメント(0) 

☆初の銀の宝の島☆

 大阪の山奥の奥のほ~にある宝島では、こん前の木・金曜日で今シーズン初めて、お空の上からふわふわの柔らかい白くかよわいものが下りてきましたよ。








 木曜日の明け方から降り始めた雪、宝島では今シーズン初めての雪・初めての積雪になりましたよ。

 今回の低気圧、北海道や東北などではものすごいことになっていますが、雪なんか積もらないような大阪ん中でも、こんなとこはありますよ。





 ↑ こんな山の雪道をのんびりと走らせての出勤。

 この2日間、通勤時にね、たくさんの車が追突事故を起こしていたり、道の端に・ひどいものは道の真ん中に停めたまんまだったりと・・・、。

 ちゃんともろもろと装備して走らせている方たちの迷惑になりますので、雪道の運転自信のない方・装備してない方、走らせる前に、もう一度、コーヒー飲みながらでも考え直しましょ~。





 ↑ 宝島に到着すると、さあ、今日はどないしようか!?と思案中さ。

 みんなで、ワイワイガヤガヤゲラゲラガハガハと大掃除や片付けなんかをしましたよ。











 今シーズン、暖冬じゃないの???









 バイバイ。











          ** 宝島のホームページ **



       ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

       ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

       ☆TEL   072-734-1812




コメント(0) 

★コンクリートジャングルの王者・ターザン★

 ジャングルの中でのターザンは優しくて勇ましいイメージなんだ。

 コンクリートジャングルでのターザンは・・・、どんなだ?





 ボブ・マーリィが歌ってたね、コンクリートジャングルてね。

 街中じゃ、ツタからツタへ移動できないねぇ。



 はい、大阪の山奥の奥のほ~にある宝島の、ごんちゃんですよ。

 ばんわ。

 眠たいね・・・。



 今回のお話はさ、ターザンじゃないねん。 ここ何日かでたまってる絵をポイッと載せちゃおうて思ってさ。

 ウフフ・・・、お話の内容が浮かばないから、絵で誤魔化そうと・・・、って言わないの。





 ↑ 野菜を収穫した後のクズをキレイに拾ってそうじしていってくれてますよ。





 ↑ こちらのメンバーも。

 こんなふうにしてくれるから、いつも宝島の畑はピッカピカなんだ。





 ↑ 収穫したネギを運んでくれています。

 この作業も、とてもしんどくて大変だけども必要なもの。 

 多いときには、このカゴに、大根が10本くらい入ったり、大きなハクサイが5つ6つ入ったりと、ハードな筋トレです。





 ↑ 野菜の宅配の作業のうちのひとつ、新聞紙で包装中です。

 新聞紙って、昔の八百屋さんみたいだろ? 上から小銭の入ったザルはぶら下がってないけどもね。





 ↑ 包装した野菜を各箱に詰めていってくれてますよ。

 ちなみに絵の野菜は、水菜やけども、こんなふうに包装した野菜が、季節によって12・3~20種類くらいは、箱に入りますよ。 薬なんて使わない・人も虫も安心してバクバクと食べれる野菜つくり、してま。

 興味津々なかた、宝島のホームページをご覧くださいね。





 ↑ こんなふうに、じゃんじゃん詰めていきますよ。

 箱にはいりきらないことがほとんど・・・。





 ↑ イヒヒ・・・、かくれんぼ中ですよ。





 ↑ 今シーズンの野菜は、何を思ったのか? 

 みんな、でかいんだ。





 ↑ おい、何撮ってんだ???

 許可は取ってんのか?

 



 ↑ いい天気そうな日差しやね。





 ↑ 暇だったんで、さっと山に入ってきました。

 何作ろ?





 ↑ わし、写真撮るん、ヘタッぴやな。

 この絵、もうちょい撮るのずらしたら、いい絵になったかもね。

 ウフフ。





 バイバイ。











         ** 宝島のホームページ **



       ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

       ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

       ☆TEL   072-734-1812


コメント(0) 

☆澄んだスカイブルーを超えた青空☆

 寒い寒い冬の中にも、一瞬、気持ちがウキウキしてくるような・・・青が見えるよ。





 ↑ 青空ではないね、夕焼け空。

 ウフフ・・・。





 寒い冬空が続く中、少しの間だけ顔を出してくれた、青色。

 んんん~、最高。









 みんな、寒さというか空気のいたずらなほどの張った冷たさに、頬がピンッとなってましたが、ひとときの青が和らげてくれましたよ。



 大阪のてっぺん能勢町のはじっこの上杉のすみっこにある宝島の、最近は常にクマを飼っている、ごんちゃんでした。







 バイバイ。









           ** 宝島のホームページ **



       ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

       ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

       ☆TEL   072-734-1812




コメント(0) 

★見返り美人★







 ↑ ウフフ・・・、どう?



 メンバーのファッションショーです。

 ・・・?



 大阪のてっぺん能勢町のはじっこの上杉のすみっこにある宝島の、ごんちゃんでした。







 バイバイ。









         ** 宝島のホームページ **



       ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

       ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

       ☆TEL   072-734-1812


コメント(0) 

☆燻製にあこがれ☆



 風向きが合えば、その日はずっと、あなたは見当たらない。



 どこ?



 ウフフ・・・、ココよ。





 ↑ 今年もね、本格的に煙に抱きしめられる時季になってきたよ。

 大阪の山奥の奥のほ~にある宝島ではね、連日、伐採した雑木やらを窯で燃やして、畑で使う木酢液を作っています。

 この作業に関わった人、夕方には誰にも寄ってもらえません。

 ・・・なぜかって?



 それはね、



 それはね・・・、





 くさいから。



 そう、めちゃくさいねん。 ハナモゲラやで。

 でも、木酢液がないとせっかく育った野菜たちが、虫くんたちに好き放題されちゃうからね。





 ↑ 窯のすぐ横、寒い日にはいつも満席ですよ。

 ムフフ・・・、このメンバーたちは、臭くなります。





 ↑ 窯の中をギュウギュウにするとね燃えて次に入れるまでに、ちょいっと時間があるんだ。

 そんな時間の間に、山ん中で綱引きさ。

 引っぱって引っぱって、グルグルグルして運びやすい大きさにね。

 カズラやフジなんかのツルが、山ほどとれますよ。

 な~んかに利用できるかなってね。

 いろんなことして楽しんでま。







 バイバイ。









          ** 宝島のホームページ **



       ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

       ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

       ☆TEL   072-734-1812




コメント(0) 

★百舌鳥★

 よく喋るんか?

 ウソつきなんか?

 なんで、こんな名前なんだ?



 モズって、なんで百舌鳥なんだ?



 ?



 はい、お久しぶりぶりな、大阪のてっぺん能勢町のはじっこの上杉のすみっこにある宝島のいつもヘリの方へ追いやられてる、ごんちゃんですよ。

 このお話はよ終えて、ご飯つくらなあかんねん。



 ちょっと前のこと・・・、宝島の山へと上る入口の脇に立っているモミジの木、奇妙な絵が目に飛び込んできましたよ。





 ↑ わっかるかな~???





 ↑ じゃじゃ~ん。

 わかった?





 ↑ キャァァァァァーーーっ!!!

 ボクの大好物のカエルくんが・・・、こないなことに・・・。



 これは、鳥の百舌鳥の仕業ですよ。

 百舌鳥はね、虫やカエルやトカゲなんかを捕えては保存しておくために枝なんかに刺して置いておくらしいんです。

 でも、めったに食べに戻ってもきませんよ。

 けっきょくは、百舌鳥がどうしてこれをしているかはわかんないんですって。

 本人に聞かなくっちゃね。

 「 百舌鳥の早贄 」、「 もずのはやにえ 」っていうんですって。

 おっもしろいねぇ。







 バイバイ。









           ** 宝島のホームページ **



       ☆URL   http:www.eonet.ne.jp/~ta-kara

       ☆E-mail ta-kara@zeus.eonet.ne.jp

       ☆TEL   072-734-1812


コメント(0)